BLシチュエーション辞典 top

プライドなんていらない 
「ちょっと頼みたいことがある」
「!?……お前にはプライドというものがないのか」
「ん?なんで?」
「お前とは署内で対立してると思われてるんだぞ。それを……私に頼んだりしてみろ、派閥の上層部が黙ってない」
「なんだ心配してくれてるのか」
「な…っ!?違う!私は…!!」
「俺はお前に頼んだ方が事件が早く解決すると思って言ってるんだ。それともお前は上層部の機嫌で事件に優劣をつけるのか?」
「!!!……それはお前が一番よく知ってるだろう」
「無理言ってすまない」
「……お前は、本当に変わらないな…」
「お前だって変わってないさ。ずっと俺の好きな晋司だ」
「!? は、早く自分の持ち場に帰れ!」
「ははっ。ありがとう。それじゃ、頼んだ」
「……くそっ」
このシチュエーションに萌えたら